OEM製造・PB製品開発 長年の歴史と実績

-「想い」を「カタチ」に-

創業昭和12年。歴史の中で蓄えた技術とノウハウを活かし、OEM製品やPB製品の開発をサポートさせていただいております。
お客様のご要望にお応えし、商品のご提案から企画開発、製品化までサポートいたします。

OEM製造の流れ

  • 1. プランニング

    どのような商品を作るか、お客様と打ち合わせいたします。 何でも気軽にお尋ねください。

  • 2. 商品設計・お見積り

    味(原料、フレーバー等の配合)やサイズ、容量、 デザインなど選定していきお見積もりを提示します。

  • 3. 試作

    お客様のご要望に応じた商品を試作いたします。

  • 4. 決定・製造

    最終仕様決定に基つき、工場で製造します。 (お客様の立会いも可能です)

  • 5. 納品

    お客様のご指定日に納品いたします。

プランニング

試作

試作

納品

納品

仕込釜の特徴

真空釜

①溶解液を真空釜に入れて水分を蒸発させて飴生地を作ります。

②添加物(原液果汁、食品素材)が添加できます。

③シュガーレスキャンディができます。

直火炊六鍋(自動式)

①溶解液を銅鍋に入れて直火で炊き上げ水分を蒸発させて飴生地を作ります。

②黒糖を使用したキャンディができます。

③風味豊かなキャンディ(黒糖飴、落花生飴、豆飴)昔ながらの飴ができます。

④シュガーレスキャンディができます。(真空釜でできない場合)

仕込釜の特徴

真空釜

①溶解液を真空釜に入れて水分を蒸発させて飴生地を作ります。

②添加物(原液果汁、食品素材)が添加できます。

③シュガーレスキャンディができます。

直火炊六鍋(自動式)

①溶解液を銅鍋に入れて直火で炊き上げ水分を蒸発させて飴生地を作ります。

②黒糖を使用したキャンディができます。

③風味豊かなキャンディ(黒糖飴、落花生飴、豆飴)昔ながらの飴ができます。

④シュガーレスキャンディができます。(真空釜でできない場合)

製品規格一覧表

①飴について

OEM 飴について

②個包装について

OEM 飴について

③外包装 ・ 出荷形態

※裸飴をそのまま外包装することはいたしておりません。

③外包装 ・ 出荷形態

OEMに関してのお問い合わせ

お電話もしくは下記フォームにてお気軽にお問い合わせください。

以下の項目にご記入頂き、内容を確認の後、メールをお送りください。
後日担当者よりご連絡差し上げます。必須項目には必ずご記入頂く様お願い致します。

会社名 (必須)

ご担当者名 (必須)

ふりがな (必須)

電話番号 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号

住所

OEMに関するお問い合わせ (必須)

▲トップへ